2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

続編続々!

読書。
専業主婦故に日中に本を読んでしまうと、何冊本があってもあっという間。
ここのところ就寝前に読むようにしたので本を買うペースが落ち着いた。
いや~いくら好きでもジワリジワリと財布に響きますからね(^-^;
積み本無くなりそうになると、次はどれを読もうかな~と吟味する。
ちょっと前に買った2シリーズ。
DSC_0824.jpg
王道ファンタジーとラノベ系のミステリー。

ファンタジーの方はエターナル・チャンピオン・シリーズ「永遠の戦士エルリック」
私が生まれるよりも前に書かれた小説らしいけど、翻訳も素晴らしいので違和感なく読めます!
主人公のエルリックがダークヒーローでカッコいい。
errk.jpg


この冬、今まで読んできたシリーズものの続編が続々と文庫化されて発売。
え~~~~いくらなんでも重なり過ぎ(^-^;
bckn.jpg
↑こんだけ続編が出て読み終わったら・・・
またまた続編がw
DSC_0822.jpg
待ちに待ってたけど、なんで同じ冬に・・・・
いつも思うのだけどシリーズ完結してから全巻買って読むのが一番スッキリw
だって間が空くと忘れちゃうんだもんw

水鏡推理は6巻もう出てるし、山猫(月下の三猿)、疫病神シリーズ(喧嘩)、和菓子のアン(アンと青春)文庫化待ち。
ま~楽しく読める物があるって事は喜ばしい事でもあるので(^-^;
しあわせ~しあわせ~な気分w
2017..28  comment2 trackback(-)

積み本

今読んでいる本、数えずの井戸(京極夏彦)。
京極本=レンガ本(分厚い)、読み終わるのにあと3~4日はかかりそうだけど。
積み本が「0」になったんで補給。

柳広司

ジョーカーゲームを読んで面白かったんで、あれこれと作品を読み漁っている。
前回も数冊購入したが、どうにもこうにも読み進めるのが遅くなる作品があった。
ギリシャが舞台のお話・・・
これはストーリーが面白くないわけではない、でも睡魔襲来w
読書のペースがガタンと落ちて通常1~4日程度で読み終わるのに
1冊の本で10日以上かかった(^-^;
昨年は年間100冊くらいは読んだけど、今年は70~80冊くらいかな。
今回はブック●フのお世話になったのだが・・・あぁ~間違って1冊単行本買っちゃった(^-^;


さらに神永学と薔薇十字叢書
DSC_0076_20151215101419aae.jpg
こっちは好きな上に読みやすいのでサックサク読めるはず!
2015..15  comment0 trackback(-)

冬の読書

積み本消化しちゃったんで再度凸

読み終わった本。
天冥の標(とてもとても壮大なSF小説です)

このシリーズ10部まで続くそうなんだけど、今のところ8部の途中までしか出てない。
早よぉ~続きを出しておくれ~。
あんまり間が空くと内容を忘れちゃうわ(^-^;

宮部みゆき、首藤瓜於、乙一、貴志祐介
b3_20141118094941d5a.jpg
鍵のかかった部屋は買いそびれてたやつ。
ドラマを先に見ちゃったから内容は分かっていたけど。
それでもドラマの絵面を思い出しながら楽しく読めた!

刑事の墓場・刑事のはらわたは脳男の作家さん。
刑事ものの2時間ドラマを見ているかのような。
気楽に楽しめる感じだった。
脳男のように過激ではない。

ICOはファンタジー。
闇と光の対決っていう定番な設定。
普通に面白かったけど目新しさはないかな~。

乙一の本はダークミステリーとかダークファンタジーって感じ。
夏と花火と私の死体という小説はデビュー作らしいけど
なんと16歳の時に書いたのだとか!いや驚き!

積み本0になったんで何読もうか悩んだんだけど、
続けて乙一と首藤瓜於の本にしてみた。
b1_201411180949389bf.jpg
2014年は今までで一番本を読んだ年かな。
既に100冊超えている。
読書欲と財布の中身が釣り合わないのでブッ○オフのお世話になりました(^-^;
2014..18  comment0 trackback0

読んだ本~まとめ

SF小説
P1070531.jpg
2冊ともSF小説の古典とも言われる作品のようです。
夏への扉なんて私が生まれる前に書かれているw

星を継ぐもの☆☆☆
月で5万年前の人間の遺体が発見された!
彼は5万年前の地球人なのか?他の惑星から来た異星人なのか?
人類の進化論にまで及ぶ壮大なSFミステリー。
ストーリーは面白い、でも私は宇宙に関する知識が薄いんで
何が本当で何がフィクションなのかの線引きが難しくって(;'∀')
まぁ~分からない所はすっ飛ばして読み進めましたわ。


夏への扉☆☆☆
爽やかなタイトルと表紙に釣られて購入。
主人公の男は家電を開発して友人と事務員となる女の3人で起業し成功する。
んが、この二人の裏切りによりどん底に・・・
失意に果てに低温仮死状態で30年後にタイムトリップ。
こんなはずじゃなかった!とタイムマシンで前の時代に逆戻り。
過去を修正して再び低温仮死で幸せな未来に戻る。
前半は「裏切り」の話でどんどん引き込まれたけど、
終盤はご都合主義?(^-^;


実話を元にした小説
P1070532.jpg
これは両方とも読んでよかった~~~と思える本。

月と六ペンス☆☆☆☆
画家ゴーギャンの生涯をモデルとしたフィクション。
芸術とは・・・というような含蓄のある言葉も多々。
読んでいて「うん!うん!」とうなずく場面もしばしば。

フェルマーの最終定理☆☆☆☆☆
文句なし!
一つの問題を証明する為に300年以上かかった。
そこに至るまでの様々な数学者たちの逸話が語られている。
その中で日本人数学者たちの貢献も。
数学の世界で証明とは根底にある基礎の部分から絶対・完璧に正しくないと成り立たない。
歴史問題が~と最近よく言われている日本ですが、
歴史もこれくらいきっちり検証して欲しいと切に願う(^-^;
しかしながら面子が第一の国と感情に法が流される国相手では、どうにもならないだろうな。


京極本!
冥談・幽談☆☆☆
P1070529.jpg
さすがに慣れ親しんでる作家さんなので読みやすい!
2冊とも暗く、じっとり、救いなし、奇妙なのか何なのか。
曖昧さの中にある怖さ。
抗うことなく、ゆるゆると死へ向かっていくって感じかな。

十二国記☆☆☆☆☆
P1070528.jpg
ファンタジー小説だけど子供より大人向き?
言葉があれこれ難しいんで(^-^;
この壮大な世界観を構築できる作家さん凄い!!!と小野先生リスペクト!
続編出るんですかね~。
とにもかくにも夢中で読みましたw


獣の奏者☆☆☆☆☆
P1070530.jpg
闘蛇と王獣を操るという設定のファンタジー小説。
NHKで「獣の奏者エリン」というアニメになってましたが、
個人的には小説の方が好きです。


ここまで読破!


積み本。
獣の奏者の上橋菜穂子氏の守り人シリーズ。
P1070533.jpg
綾瀬はるか主演でNHKで実写化されるんですね~。
本屋さんでも平積みされているようで。
実写よりお先に読んじゃいます!

片桐はいりさんの本。
P1070534.jpg
お勧めされたんで凸ぽちってみたじょぉ~。
今日からコレ読みます!
2014..14  comment0 trackback0

夏読書

昨夜、十二国記を読み終えて積み本「0」
今朝、凸ぽちった本が届いた。
感動する・切なくなる、とういうキーワードで探してレビューの高めな翻訳ものをチョイス。

「夏への扉」「フェルマーの最終定理」「月と六ペンス」「星を継ぐもの」

月と六ペンスから読んでみようっと!
2014..29  comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

kaz

Author:kaz
*性別 ♀
*家族構成 ♂♀♂♂
*生息地 東京
*趣味 読書・ゲーム・音楽
*生態 とてつもなくミーハー
*好きな人・物
      京極夏彦 
      スティーヴン・キング
      Abingdon boys school
      櫻井敦司
      ジョニー・デップ 
      アトラスのメガテン

アニメ・ゲーム・ロックバンドが好きなプチオタク主婦

kaz's Twtter

lovetenipuri~kazのツイッターです

ブクログ

MY FAVORITE
  ↑私のブクログ